• 文字サイズ:
  • 小さく
  • 縮小
  • 標準
  • 拡大
  • 大きく

ABOUT FACULTY

misteryman

KUSHIYAMA Kumiko

串山 久美子 教授

メールアドレスkushi@tmu.ac.jp

学位 ---
スタジオ インタラクティブアートスタジオ
Interactive Art and Design Studio
専門分野 メディアアート、インタラクティブアート、バーチャルリアリティ
Media arts, interactive arts, virtual reality
主な担当教科 インタラクティブアート
研究内容 人と空間の関係をテーマに、映像と音と温度、触覚を融合させたメディアアートや視触覚ディスプレイの技術の開発を行っている。表現のみならず、デジタルサイネージや障がい者支援など日常の情報活動をも支援する触覚コミュニケーションの可能性を提案している。作品や研究は、SIGGRAPH ArtGalleryやArs electronicaや日本での科学館のコレクションとして発表されている。
Professor Kushiyama’s fields of specialization are media art, in teractive art, virtual reality and research on the sense of touch. Focusing on the theme of the re lationship between people and space, since 1980 she has been developing visual/tactile display technology and creating media art combining images, sound, temperature, and the sense o f touch. Her work not only involves artistic expression but also digital signage and demon strations of the potential for tactile communication to assist people with disabilities and allow them to better communicate in their daily lives. Her works and research have been presente d at the SIGGRAPH Art Gallery, Ars electronica, and as part of the collection of science centers in Japan.