コースと学域の特長

地域と人材の交流──教育の成果

ITメディアデザインとプロダクトデザインのハイブリッド    ITメディア技術とプロダクトデザインのハイブリットとして、情報通信学域とヒューマンメカトロニクス学域との学生共同プロジェクトである「家電プロジェクト」やメディア創生分野の「インタラクティブ玩具プロジェクト」など、教育の場でデザインと情報技術の共同交流がなされています。デジタルコンテンツの日本での大きな発表会であるDCEXPOや国際発表、国際学生対抗VRコンテストでの受賞など高い成果を上げています。
地域社会をつなぐITを取り入れた実践的な教育    「計画停電Map」では学生が中心となり震災直後からITを利用したサービスを開始し社会貢献に寄与、「ヒロシマアーカイブ」も地域社会と学生の実践的な交流によって成果を上げました。東京都日野市との文化事業である「ひののんプロジェクト」では学生が東京都の大学である本校と地域と文化交流を図り、美術文化の事業を展開しています。
海外の大学との学生共同ワークショップ    台湾華梵大学との学生交流ワークショップをプロダクトデザイン分野で開催。15名の学生を派遣し、現地で英語でのワークショップと台湾でのデザインEXPOに成果を発表しました。また、メディア創生分野でも、宮城大学、広島女子大学など他大学と共同で、学生の共同プロジェクトを教育として実践しており、社会的にも展示や学会発表、報道などで成果をあげています。
ダイバーシティの教育    障がいのある方へのアクセシブルデザインの教育的な実践として「感覚共有できるデザインプロジェクト」や「障がいのある児童が楽しめるサイエンスキッズワークショップ」を行い、空間デザインや障がい者支援教育分野から成果を上げています。また、理工学部系のなかでインダストリアルアートコース・学域は女子学生の比率も高く、男女を問わず魅力ある新しい分野として注目されています。

産業界と学術界への貢献:研究の成果

産業界との共同プロジェクト    「次世代3次元CGレンダリングソフトの開発普及」や「インタラクション楽器の製品化」など研究から生まれた技術・製品は特許出願や意匠登録され、社会的にも大きな反響を呼んでいます。「冷温ディスプレイ」は科学技術振興機構(JST)の「良いシーズをつなぐ知の連携システム(つなぐしくみ)」や「A-STEP」など産業界との応用を目的とした外部資金取得を積極的に行っています。「次世代EV車プロジェクト」では自動車産業界の支援を受け、学生コンペを開催しました。「携帯電話のデザイン」では韓国サムソンとの共同研究を行っているほか、NTTとの共同研究や人間工学分野での共同研究も積極的に行っています。
外部発表・賞・報道での貢献    研究成果の発表として論文以外に国際的な場での展示や賞、報道機関での広報などで社会的に広く成果を公開し、研究成果を多様な人々に広く告知し、社会へ還元することに貢献している。とりわけ、CGやインタラクティブ技術の最高峰の国際学会であるACM SIGGRAPHに毎年採択され、2011年は国際的に高いレベルのインタラクティブ発表であるEmerging Technology部門に大学院生との共同研究である「PocoPoco」が採択され、世界的な先端工学系の研究として認められました。また、文化庁メディア芸術祭審査員特別賞をはじめ数々の賞を受賞した「ナガサキアーカイブス」は文化的遺産をアーカイブするデザイン手法を提示し社会的貢献しています。
他研究分野との共同研究    システムデザイン学部・研究科では情報通信システムコース・学域、ヒューマンメカトロニクスシステムコース・学域との共同研究や、首都大学東京健康福祉学部(荒川キャンパス)との共同研究による連携のほか、学外においても国立特別支援教育総合研究所との障がい者システム支援など他の研究機関との共同研究も積極的に行っています。

就職と進学:人材育成の成果

エンジニアリングとデザインを学び、技術と感性を研鑽した学生たちの卒業・修了後の進路はつぎの通りです。
デザイン関係    企業のなかでも採用枠の少ないデザイン専門職としての採用を果たしています。デザインだけでなくインタフェース技術を含む情報技術の知識を併せもつ学生を希望する企業も増えています。就職先として博報堂、ホンダ、シャープ、旭化成、アシックス、ナイキ、キヤノン電子、ミサワホームなど。
IT関係    さまざまな業種におけるシステムエンジニア職やIT系企業など。就職先として日立製作所、東京ガス、鹿島建設、ヤフー、東京海上日動システムズ、三菱UFJITなど。
総合職・企画    総合職として企画部門などで力を発揮できる総合的なバランスの取れた人材が求められる傾向にあります。就職先としてオリエンタルランド、ニトリ、楽天など。
大学院進学    首都大学東京大学院のほか他大学の大学院へ進学する学生もいます。進学先として東京藝術大学大学院、多摩美術大学大学院、お茶の水女子大学大学院、慶応義塾大学大学院、千葉大学大学院など。

さらなる開拓と創造:今後の重点項目

以上のような実績と成果をふまえ、インダストリアルアートコース・学域が今後さらに目指すべきテーマにはつぎのようなものがあります。
日本をリードするデザイン工学の高水準の産学共同プロジェクト    産業界との共同プロジェクトを推進させ、日本をリードするデザイン工学の研究領域を開拓します。
情報・工学技術とデザインの高水準研究    情報・工学技術分野と積極的な交流により融合分野ならではの新規性の高い技術開発や高水準のデザインを目指します。
ダイバーシティによる新たな知の創造    国際化、障がい者支援、男女共同参画を積極的に行い、多様性による「新たな知の創造」を行います。

  • 文字サイズ:
  • 小さく
  • 縮小
  • 標準
  • 拡大
  • 大きく

Department Features

Human resource exchange with other localities — a fruit of education

A hybrid of Product Design and Media Creation.  To encourage a the development skilled craftsmanship and information technology, the Department of Industrial Art engages in collaborative exchanges for design and information technology at training grounds such as the Home Electronics Project and Interactive Toy Project, both collaborative student projects developed by the Division of Information and Communications Systems and the Division of Human Mechatronics Systems. The results include presenting at the DC Expo, an important event for digital content in Japan, as well as international presentations, including having been awarded in an international student VR competition.
Using IT to connect to other regions for practical applications.  Students took the initiative to deliver services using IT immediately following the Tohoku area disaster of March 11, 2011 via the Planned (Electrical) Outage Map. The Hiroshima Archives were another exchange between a regional community and students. The Hinonon 2011 Project was a cultural exchange where students developed an art event together with students in Hino-city.
Student collaboration workshops.  Student exchange workshop were held with Taiwan’s Hua-Fan University Product Design Department. 15 students traveled to participate in these international English language workshops, then presented their results at a design exposition in Taiwan. Media creation students also practiced collaborative projects with other universities such as Miyagi University and Hiroshima Prefectural Women’s University, resulting in exhibitions, conference presentations, and media coverage.
Diversity.  “A design project to share senses” and “A barrier-free kids science workshop” were two projects providing experience in spatial design and educational programs for those with disabilities. The Department of Industrial Art has one of the highest percentage of female students among science and engineering departments, and is getting attention as a curriculum attractive to both sexes.

Contributing to industry and academia through research

Collaborations with industry.  Technologies and product patents born from Department of Industrial Art research includes “development and popularization of next-generation 3DCG rendering software” and “interacting music instrument design”. “Low-temperature displays” is a technology currently developing outside funding, via the national initiatives “Linkage knowledge system for connect good seeds ”, and “A-STEP” by JST, Japan Science and Technology Agency. For our “Next Generation EV Car Project”, we held a student competition supported by the automotive industry. For “Mobile Phone Deign”, we engaged in collaborative research with Samsung of Korea, as well as with NTT of Japan. We have on-going collaborative research into ergonomics.
Contributions via presentations, awards, and media coverage.  Besides publications, we actively publicize the fruits of our research, whether in international exhibitions and competitions, or in the media. Each year our research has been awarded at the ACM SIGGRAPH, one of the world’s premier gatherings of CG and interactive technology professionals. In 2011 our work in Emerging Technology was recognized, for “PocoPoco”, a collaborative research project between graduate students, here accepted as advanced engineering at a global level. The “Nagasaki Archives” cultural heritage project has won multiple awards, including the Jury Prize of the Cultural Affairs Agency’s Japan Media Arts Festival.
Multi-disciplinary collaborative research.  Faculty and Graduate School of System Design actively practice collaborative research with the Division of Information and Communications Systems and the Division of Human Mechatronics Systems, as well as with the Faculty of Health Sciences (Arakawa campus), and other research institutes outside of the university, on themes such as system support for the disabled.

Recruit and higher level education: Human resource development

Our graduates from engineering and design, who studied technique and culture is as followings:
Design jobs.  There are a growing numbers of companies who seek skills not only in physical design but also in information technological aspects such as interfaces. Our students have found positions in the competitive world of design specialists in firms including: Hakuhodo, Honda, Sharp, Asahi-kasei, Assix, Nike, Canon Electronics, and Misawa Home.
IT jobs.  Our students have become system engineers in firms as diverse as: Hitachi, Tokyo Gas, Kashima Corporation, Yahoo Japan, Tokyo Marine & Nichido Systems, and Mitsubihishi UFJIT.
General and planning jobs.  Human resources with a good sense of comprehensive balance, who can work well in planning section as well as general positions, are always in need: Oriental Land, Nitori, and Rakuten.
Proceeding to graduate collage education.  Some students keep on refining their knowledge, pursuing post-graduate degrees in Tokyo Metropolitan, or other universities post-graduate programs including at: Tokyo University of the Arts, Tama Art University, Ochanomizu Univerisity, Keio University, and Chiba University.

Further room for improvement: Important points for our future

Reflecting on our achievements gives us an opportunity to consider our future development.
High-level industry-university joint projects in design engineering.  We will continue to pursue collaborative projects with industries, to develop research areas leading the design and engineering fields in Japan.
High-level research on information and engineering technology, and design.  By actively engaging with information and engineering technology fields, we aim to develop further our technological strengths.
Creation of new intelligence through diversity.  We will further pursue our strengths in internationalization, support for the less fortunate among us, and gender equality, creating “new intelligence” through diversity.